ペットの肛門絞り〜自宅で出来るグルーミング

ペットの肛門絞り

トリマーさんにトリミングをお願いすることがあっても、やはりお金がかかるので、トリミングをしてもらう回数はあまり多くないと思います。

 

本当はあまり間隔をあけずにトリマーさんにお願いできるのが一番なのでしょうが・・・

 

 

トリミングの間隔があきすぎると、臭いがきつくなったり、毛が長くなりすぎたりしますよね?

 

でも、それだけじゃないんです。

 

 

お尻を床にこすりつける行動を見たことありませんか?

 

お尻を床にこすりつけたり、お尻を気にして舐めているいる時は、分泌されないまま液が溜まってきた肛門腺が気持ち悪くて、こすって出そうとしている場合も考えられますので、肛門腺を絞り出す必要があります。

 

 

さて、肛門腺ってなんでしょうか?

 

 

肛門のヒダの部分に左右に1つずつ肛門臭腺から分泌されるニオイの元を溜めておく袋があります。

 

このニオイの袋の出口が、肛門のすぐそばにあり、そこから中の分泌物が出てくるようになっています。

 

袋の底には肛門括約筋がつながっていて、排便時に肛門をキュッと締めると袋が圧迫されて、出口から独特の悪臭を持つ分泌物が出てくる仕組みになってます。(下痢の時は出せません)

 

この分泌物が“肛門腺”や“肛門嚢”などと呼ばれているものです。

 

ちなみに我が家の愛犬の主治医さんは、「しゅうのう」とも呼んでます。(漢字は分かりません、ごめんなさい)

 

 

肛門腺がうまく出ないで、どんどんたまり続けてしまうと、化膿しやすくなってしまい悪化すると手術が必要になることもあるので注意が必要です。

 

 

では、次に絞り方を!

 

 

1.シッポを片方の手で持ち上げて、もう片方の手にティッシュペーパーや湿らせたガーゼなどをあてて、肛門腺の部分を指で押さえます。

 

2. 押さえた所を下から上に押し上げるようにキュッキュッと揉む様にすると、肛門から悪臭のある膿みたいなものが出てきます。

 

この時、分泌物がピュッと飛び出すこともあるので、かからないように注意しましょう。
1回で絞りきれない時は、2〜3回絞って全部出します。

 

3.ティッシュペーパーやガーゼなどで肛門腺をきれいにふき取ってあげます。

 

ご自宅で愛犬のシャンプーをしてあげる時だと、臭いがついてもすぐ洗えるので、このタイミングが一番良いでしょう。

 

 

初めての方は、トリマーさんや獣医さんに実際の絞り方を見せてもらうのが一番です。

 

 

 

肛門腺の絞り方動画