犬の爪切り〜自宅で出来るトリミング

ペットの爪切り

犬や猫は床や地面を蹴って爪を研ぎます。

 

しかし、愛玩犬として飼われている室内犬は、そうする癖がつきにくいため、自分で研ぐことが難しいものです。

 

 

爪を研いでないとか、切っていないとどんな事になるのでしょうか?

 

 

@爪が伸びすぎると足の裏に刺さる

 

A歩行に影響が出る

 

B伸ばしすぎると血管も伸びる

 

C小さい子供がいる家庭では、子供と遊んでいる時に引っ掻き傷が残る

 

 

大きくはっきり影響が出るのは上記のような例ですが、細かく言うともっと出てきます。

 

 

さて、ここで爪切りです。

 

 

トリミングに出す回数を少な目にしている方や、ご自分でペットのお手入れをしてあげたい方必見です♪

 

 

まず、大きく分けると、白い爪のワンちゃんと黒い爪のワンちゃんがいますので、白い爪のワンちゃんから!

 

 

爪の中に血管が見えます。
まずは血管の手前までを切り落とし、徐々に角を落として丸くしていきます。

 

やすりをかけるとガタガタがなくなるため、出来ればやすりをかけましょう。

 

こうすることで、抱っこをしたときに爪が当たっても痛くありませんし、ジャレ遊びをしても大丈夫!

 

また、ワンちゃんも体を掻くときに皮膚を傷つけません。

 

 

続きまして、黒い爪のワンちゃん!

 

黒いので当然血管が見えません。だから、どこまで切ればよいのかわかりません。
ですので、少しずつ切り落としていきましょう。

 

角を斜めに落としながら、少しずつ短くしていきます。

 

血管の先端は白い膜のようなものがあり、その先には血管があります。

 

ですので、切っていて白いのが見えたら、切るのをやめてヤスリにかえましょう。

 

見分けが難しいかも知れませんので、獣医さんやトリマーさんに直接教えてもらうのも良いです。

 

 

さて、重要なお話しを!!

 

 

犬は爪切りなんて嫌いです。

 

それなのに、慣れない手つきで抑え込まれるともっと嫌になります。

 

爪切りそのものや、カチカチ切れる音、その感触・・・

 

怖いものがいっぱいあります。

 

 

それを緩和するためには、ワンちゃんと飼い主さんが一番楽な爪切り態勢を見つけ、普段接している時にもその態勢を作って慣れさせてあげることです。

 

それから、動くと危ないからといって、力任せにワンちゃんを抑えないことです。

 

足や腰など、簡単にケガしてしまいますので。

 

 

出来れば始めは二人でやるほうが良いかも知れませんね。